TOSHIBA Top Page

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース > 2012年プレスリリース一覧 > 世界初、「消色」「分別」「電子化」を同時に行う複合機システム「Loops(ループス)」の発売について ~循環型社会に貢献するエコ・プリンティング~

プレスリリース

世界初*1、「消色」「分別」「電子化」を同時に行う
複合機システム「Loops(ループス)」の発売について
~循環型社会に貢献するエコ・プリンティング~

2012年11月12日
東芝テック株式会社

「Loops」(ペーパーリユース)イメージ図

東芝テック株式会社は、特殊なトナー(インク)で印刷した文字を消すことで使用済の紙を再利用するとともに、文字を消す際に文書を電子化して保存・活用できる「Loops(ループス) LP30/RD30」を2013年(平成25年)2月上旬から日本国内を皮切りに全世界にて順次発売します*2

「Loops」は、瞬時に消せるトナー*3を使って紙に印刷やコピーをする「LP30(専用複合機)」と、使用した紙のトナーの色を消す「RD30(専用消色装置)」から構成されます。瞬時に消せるトナーは、消色装置「RD30」に紙を通して一定以上の高温で加熱することによって色が消える特殊なトナーです。用紙を繰り返し使用することで用紙製造に起因するCO2排出量を削減し、同一用紙を5回繰り返し利用した場合*4で本システムトータルのCO2排出量を約57%削減*5*6します。

また、「RD30」には、トナーの色を消すと同時に、再利用できる紙とできない紙に分別*7し、さらには消色前に情報を電子化できることに大きな特徴があります。通常、会議などで一度使用した資料はファイリングするか廃棄するかのどちらかですが、このシステムを使うことで紙の資料をファイリングすることも廃棄することもなく、紙に書かれた内容をデータに変換して文書を保存し、活用することが可能となります。さらに、今後、「Loops」の追加機能として、オフィス内の既存のプリンタや複合機の印刷出力の履歴と「Loops」の紙の再利用履歴を統合し、紙の削減量や環境貢献度の情報を分かりやすくする「見える化」ソリューションも提供する予定です。

当社は現在プリンティングソリューション事業の基本戦略として、「エコ・プリンティングでの差異化」を重要戦略として推進しています。これまでもその戦略に基づいて、小型・軽量化、省エネ化により環境性能を高めた複合機などをグローバル市場に提供してきましたが、あらゆるオフィスで今なお継続的に課題となっている大きな環境テーマが「紙の節約」です。当社が提案する新しいソリュ-ション「Loops」は、印字消色により「用紙の再利用」を促し環境負荷の低減に貢献することで、この大きな環境テーマを解決していきます。

環境への貢献と業務効率の向上を実現する「Loops」は、「働き方を変える」ことをコンセプトとした循環型ソリューションであり、オフィスの新しいワークスタイルを提供します。当社は、環境負荷の低減を図りながら事業の発展を目指されている企業の課題を解決し、サステナブルな社会の実現のために、グローバルに事業展開を進めてまいります。

なお、本製品は、2012年12月13日(木)~15日(土)に東京ビッグサイトで開催される「第14回エコプロダクツ2012」の東芝グループ内ブースにて出展します。

  • *1 2012年11月1日時点で量産化されている電子写真技術を利用し普通紙に印字する複合機のカテゴリーにおいて世界初の製品となります(当社調べ)。
  • *2 海外での製品名は「e-STUDIO306LP/RD30」を予定しています。
  • *3 本製品で使用する消せるトナーは、株式会社パイロットコーポレーションとの共同開発です。なお、消色速度は、消色機能のみを使用した場合は1分間にA4用紙30枚、また、消色・スキャン・分別機能を使用した場合は1分間にA4用紙15枚です。
  • *4 使用環境によって再利用できる回数は異なります。
  • *5 以下算出条件による当社試算
    • ・A4 PPC用紙 月間印刷枚数4,500枚×5年
    • ・5回繰り返し利用(=4回消色)
    • ・紙CO2原単位=1.52g(CO2/g)
    • ・本体、消色装置LCA、リサイクルを加味
    • ・2012年3月時点での計測値
  • *6 2011年12月、開発中の本製品が、「平成23年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品化部門)」を受賞しました。
  • *7 本専用複合機以外で印刷・コピーされたもの、専用のペン以外で手書きされたもの、その他の汚れなどは色を消すことができないため、再利用できない紙に分類されます。著しく破損した紙なども同様です。

Loopsの発売概要(国内)

発売日2013年(平成25年)2月上旬
価格
商品名 希望価格(税別)
LOOPS LP30 1,110,000円
LOOPS RD30 300,000円
販売地域全国
販売予定数5,000台/年間
販売ターゲット全業種

Loopsの主な特長

1.環境負荷を低減する

「Loops」ペーパーリユースではPPC用紙を印刷し、使用後に印字を消色し再度印刷に使用できます。同じ紙を5回繰り返し使用すれば、消色時のエネルギーを考慮したとしても1回使用して廃棄する時に比べ約57%のCO2削減効果が見込めます。

環境負荷のグラフ

PPC用紙の生産~廃棄にかかるCO21枚あたり約6.06g/CO2(新生紙 A4 64g/m2の場合)*8

  • *8 新生紙 A4 64g/m2の場合
    H23年度日本製紙連合会「紙・板紙のライフサイクルにおけるCO2排出量」の数値(用紙1枚 1gあたり1.52g/CO2)による当社試算

2. 用紙コストを低減する

用紙を再利用することで、印刷枚数はそのままでも使用枚数は減らせます。1枚の用紙を5回使用すれば使用枚数は5分の1になり、購入枚数を抑え、経費削減効果が期待できます。

用紙コスト低減イメージ図

3.オフィスの働き方を変える

消色と同時の電子文書化&分別で、紙の滞留をふせぎ、用紙の循環・再利用と電子データでのより一層の情報活用を実現します。

オフィス利用イメージ図

Loops RD30の主な仕様

基本機能

消色機能東芝テック製「Loops LP30」で印刷したPPC用紙の印字部分を消色する機能
スキャン機能消色前に用紙をスキャンする機能
分別機能*1消色処理後に再利用できる用紙とできない用紙を各カセットに分けて排紙する機能
  • *1 分別基準
再利用できる用紙 両面の消色が完了した用紙
再利用できない用紙 本装置での消色ができない印刷や書き込みがされている用紙、折れ・破れ・穴・汚れなどがある用紙、カラーペーパーなど

基本仕様

給紙容量*1約120枚
排紙容量*2
リユース用カセット 約500枚
リジェクト用カセット 約220枚
対応用紙サイズA4、A5、B5(64~80g/m2の上質紙)
消色速度
A4 30枚/分(消色機能のみ使用時)
A4 15枚/分(消色・スキャン・分別 機能使用時)
インターフェイスEthernet(10/100/1000BASE-T)、USB2.0/Hi Speed USB
ウォームアップタイム約40秒(20℃)
最大消費電力1.5kW以下
電源AC100V・15A、50/60Hz共通
大きさ幅475mm×奥行495mm×高さ825mm
質量約43kg
  • *1 64g/m2 1回使用用紙の場合。
  • *2 リジェクト用カセットは再利用できない用紙が排紙されます。

スキャナ機能仕様

形式カラースキャナ
解像度100/150/200/300dpi
読み取りモードモノクロ、グレースケール、カラー
対応フォーマット
モノクロ: PDF、TIFF
グレースケール/カラー: PDF、TIFF、JPEG
保存方法Scan to USB
Scan to Network Shared folder

Loops LP30の主な仕様

基本仕様

形式デスクトップ
読取り解像度600dpi
書込み解像度2,400dpi相当×600dpi
階調256階調
定着方式ハロゲンランプ方式
用紙種類自動給紙の場合:64~80g/m2の上質紙
ウォームアップタイム*1約59秒(20℃)
給紙方法/給紙容量 カセット2段自動給紙(東芝推奨紙約600枚×2)
および手差し給紙(最大100枚連続給紙可能)
オプション:多段給紙装置(東芝推奨紙約600枚×2)
※FAX機能での手差し給紙は行えません。
両面機能スタックレス方式
トナー補給自動濃度検知、カートリッジ補給
メモリ容量1GB
ハードディスク容量80GB以上
電源AC100V・15A、50/60Hz共通
最大消費電力1.5kW以下
大きさ
操作パネル傾き84度時: 幅575×奥行586×高さ756mm
操作パネル傾き 7度時: 幅575×奥行687×高さ756mm
質量約61.5kg
機械占有寸法幅887×奥行586mm(手差しトレイ含む)
  • *1 取扱説明書に記載の手順で電源を切らなかった場合は、時間が長くなる場合があります。

コピー機能仕様

複写原稿シート、ブック(最大A3)
複写サイズ
自動給紙の場合: A3、B4、A4ヨコ、A4タテ、B5ヨコ、B5タテ、A5タテ
手差し給紙の場合: A3~A5タテ
(欠け幅:先端・後端・左右各4.2+2.8mm−1.2mm)
ファーストコピータイム4.9秒(A4ヨコ、等倍、本体1段目カセット、ガラス面)
連続複写速度
A4ヨコ 30枚/分
B4 19枚/分
A3 16枚/分
複写倍率
等倍 1:1±0.5%
縮小 0.25、0.50、0.57、0.61、0.71、0.82、0.86
拡大 1.15、1.22、1.41、1.63、1.73、2.00、4.00
ズーム倍率:25~400%(1%きざみ376段階)
(自動両面原稿送り装置使用時は25~200%まで)
連続複写1~999枚

プリンタ機能仕様

形式内蔵型
解像度600dpi×600dpi(2,400dpi相当×600dpi)
連続プリント速度30枚/分*1
インターフェイスEthernet(10/100/1000BASE-T)、USB2.0/Hi Speed USB、IEEE802.11b/g(オプション)
対応プロトコルTCP/IP(SMB/LPR/RAW/FTP/IPP/IPP SSL/WS Print/WS Secure Print)、IPX/SPX、EtherTalk、Bonjour
ページ記述言語PCL6、PostScript3互換、XPS方式
対応OSWindows XP/Vista/7/8/Server 2003/Server 2008/ Server 2008 R2/ Server 2012
MacOS X*2、UNIX*3
内蔵フォント
PCL: 欧文80書体
PS: 明朝、ゴシック、欧文136書体
  • *1 A4ヨコ、同一原稿連続印刷時。
  • *2 10.2.8~10.7に対応。10.8での使用には一部制限があります。
  • *3 詳細につきましては営業担当またはサービスエンジニアにお問い合わせください。

スキャナ機能仕様

基本仕様
形式カラースキャナ
インターフェイスEthernet(10/100/1000BASE-T)、IEEE802.11b/g(オプション)
解像度100/150/200/300/400/600dpi
読取りモードモノクロ、グレースケール、カラー、オートカラー
読取りサイズ A3/B4/A4ヨコ/A4タテ/B5ヨコ/B5タテ/A5タテ/A6タテ、ハガキサイズ
※A6タテ、ハガキサイズはガラス面からの読み取りとなります。
原稿読取り速度
モノクロ: 最大57枚/分(300dpi×300dpi、A4ヨコ、片面原稿読取り時)
カラー: 最大43枚/分(300dpi×300dpi、A4ヨコ、片面原稿読取り時)
※自動両面原稿送り装置装着時
TWAIN・FileDownloader(プルスキャン)
対応OSWindows XP/Vista/7/8/Server 2003/Server 2008/ Server 2008 R2 / Server 2012
FileDownloader出力フォーマットPDF、TIFF、JPEG、XPS
ファイル・FTP(プッシュスキャン)
通信プロトコルSMB、FTP、IPX/SPX
データフォーマットPDF、TIFF、JPEG、XPS
Eメール(プッシュスキャン)
送信プロトコルSMTP
対応フォーマットPDF、TIFF、JPEG、XPS
参照可能アドレス帳本体、LDAPサーバ

インターネットFAX機能仕様

通信規格ITU-T T.37準拠(ダイレクトSMTP対応)*1*2

送信 受信
通信プロトコルSMTP SMTP、POP3
原稿サイズA4、B4*3、A3*3
記録紙サイズ A3、B4、A4、B5、A5
解像度200dpi×100/200dpi
400dpi×400dpi*3
150dpi×150dpi
200dpi×100/200/400dpi
300dpi×300dpi
400dpi×400dpi
対応フォーマットTIFF(MH) TIFF(JBIG、MMR、MR、MH)
  • *1 PC-FAXから、ダイレクトSMTP送信はできません。
  • *2 インターネットFAXモードとダイレクトSMTPモードはサービスエンジニアによる切り替えが必要です。
  • *3 サービスエンジニアによる設定が必要です。

FAX機能仕様(オプション)

送信原稿サイズ最大A3
記録紙サイズA3、B4、A4、B5、A5
通信モードG3(スーパーG3)、独自モード
走査線密度高精細:16×15.4本/mm、精細:8×7.7本/mm、普通:8×3.85本/mm
電送時間*12秒台*2
通信速度33,600 / 31,200 / 28,800 / 26,400 / 24,000 / 21,600 / 19,200 /16,800 / 14,400 / 12,000 / 9,600 / 7,200 / 4,800 / 2,400bps
符号化方式JBIG、MMR、MR、MH
メモリ容量1GB*3
適用回線度加入電話回線、ファクシミリ通信網
PC-FAXドライバWindows XP/Vista/7/8/Server 2003/Server 2008/ Server 2008 R2/ Server 2012
  • *1 電送時間は、画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれておりません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態により異なります。
  • *2 A4判700字程度の原稿(当社独自原稿)を、普通モード(8×3.85本/mm)、33.6kbps以上のスーパーG3モードでJBIG通信した場合。
  • *3 本体ハードディスクに含まれます。

Loopsのオプション価格

名称型番希望価格(税別)
プラテンカバーKA-1640PC 8,000円
自動両面原稿送り装置MR-3026
取付費
220,000円
6,500円
多段給紙装置KD-2017J
取付費
150,000円
4,000円
インナートレイMJ-5004
取付費
15,000円
6,300円
オフセットインナートレイMJ-5005
取付費
22,000円
6,500円
原稿置き台KK-4550
取付費
8,000円
4,000円
デスクMH-2520 25,000円
無線LANモジュールGN-1060
取付費
50,000円
5,000円
アンテナGN-3010
取付費
10,000円
5,000円
データ消去キットGP-1070
取付費
80,000円
3,000円
e-BRIDGE ID GateKP-2006
取付費
90,000円
5,000円
アクセシブルアームKK-2550 15,000円
メタスキャンオプションGS-1010
取付費
80,000円
3,000円
外部連携オプションGS-1020
取付費
100,000円
3,000円
IPsecオプションGP-1080
取付費
80,000円
3,000円
FAXユニットGD-1250J
取付費
120,000円
11,600円
FAXハンドセットGJ-1140J
取付費
16,000円
5,700円
回線増設キットGD-1260J
取付費
90,000円
8,700円
Unicode フォントオプションGS-1007
取付費
80,000円
3,000円

Loopsの環境配慮事項

1)CO2排出削減および石油プラスチック代替による、省資源や地球温暖化の防止を目的として、バイオマスプラスチック(バイオマス度25%以上)*1をLP30の電源スイッチカバーに採用しました。

2)LP30の待機電力は約1W以下*2です。

3)現像後のトナーを機体内でリサイクル使用する機構を採用しています。紙粉除去機構と回収トナー専用ミキサを採用し、紙の繊維の混入を抑えた回収トナーをフレッシュトナーとミックスしてリサイクルしています。

4)国際エネルギースター基準、グリーン購入法、エコマーク*3、RoHS指令など主要な国際基準に準拠しています。

  • *1 バイオマス度とはバイオマスプラスチックに含有されるバイオマス由来成分の割合(重量)
  • *2 10/100BASE/T動作時
  • *3 2012年12月認証取得予定

(左)「Loops LP30」(オプション装着時) (右)「Loops RD30」(オプション装着時)
(左)「Loops LP30」(オプション装着時) (右)「Loops RD30」(オプション装着時)

東芝グループは、「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧ください。

個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright