CSR調達の推進

公正かつオープンな取引を通じた調達取引先様との相互信頼関係の構築に取り組むとともに、法令遵守や人権、環境への配慮を重視する企業との優先取引を進めています。

調達方針

東芝グループがグローバルに事業展開する中で、公正な調達活動を通じて社会的責任を果たすために、東芝テックは東芝グループの一員として、東芝グループ調達方針に沿った調達活動の徹底に努めています。

調達方針(抜粋)

調達の基本方針

  1. 法令・社会規範等を遵守します。
  2. 調達取引先(候補を含み、以下同じとします。)・調達品選定等の際には環境負荷低減に十分配慮した調達活動を実施します。
  3. 調達取引先に対して公正な取引の機会を提供します。
  4. 調達取引先と、相互理解と信頼関係に基づく調達活動を実施します。

調達取引先様の選定方針

  1. 法令、社会規範等を遵守し、人権、環境への配慮を重視していること。
  2. 経営状態が健全であること。
  3. 芝テックグループに供給する資材・製品・ソフトウエア・役務等の品質、価格、納期が適正水準にあること。
  4. 安定的かつ継続的供給能力と、需給変動への柔軟な対応力があること。
  5. 東芝テックグループ製品に貢献できる技術力を有していること。
  6. 不測の災害等発生時においても、供給継続能力を有していること。

調達取引先様へのお願い

東芝テックグループは、広範な商品群を有し、グローバルに事業を展開する企業として、あらゆる視点から、ステークホルダーの皆様のご要望を考慮し、また弊社が参加する国連グローバル・コンパクト(United Nations Global Compact、UNGC)、電子業界行動規範(Electronic Industry Citizenship Coalition、EICC)の趣旨に沿って調達活動を推進しております。つきましては、調達取引先の皆様におかれましても、本要請項目を実行されるようお願いいたします。また、皆様の調達取引先につきましても、東芝テックグループ調達方針をご理解いただき、本項目を推進する旨、要請をお願いいたします。

紛争鉱物の不使用について

東芝テックグループは人道的な観点から、「東芝グループ紛争鉱物対応方針」に基づき、コンゴ民主共和国およびその近隣周辺地域で産出された、非人道的行為にかかわる紛争鉱物の金、タンタル、タングステン、すずを原材料として使用しない方針です。

2013年6月から、海外製造現地法人、静岡事業所の調達取引先約800社に対して、「紛争鉱物報告テンプレート(EICC/GeSI様式)」を使用した紛争鉱物の使用状況や精錬所情報の調査を継続実施しています。