軽減税率対策補助金を使って対象レジを購入しよう!

軽減税率制度と対象品目

消費税率10%への引き上げに伴い、軽減税率制度が実施されます

消費税率10%に引き上げに合わせて、消費税等の税率が、軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率になります。
事業者は、消費税等の申告を行うために、適用税率ごとに区分した経理が必要になります。
消費税率10%への引き上げと軽減税率制度の実施は2019年10月1日に予定しています。

2019年10月1日から複数税率が適用

軽減税率(8%)

標準税率(10%)

軽減税率制度の対象品目

以下のいずれかの条件に当てはまる品目は、軽減税率制度の対象品目になります。
●酒類・外食を除く飲食料品
●定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

対象品目


食品表示法に規定する食品類

持ち帰りの容器など包装が
施されている飲食料品

定期購読契約により
週2回以上発行される新聞

1万円(税抜)以下で価格の
うち対象品目の割合が2/3以上を締める一体品

対象外品目


酒類

レストランなどの店内飲食

医療品・医薬部外品等

軽減税率制度の対応

軽減税率制度が施行されると、取り扱う商品の適用税率の把握と、適用税率ごとに区分した経理などさまざまな対応が求められる可能性があります。
軽減税率制度に適応した商品管理と、個々の商品の適用税率の把握が必要となってきます。
● 納品書記載の適用税率が正しいか確認が必要
● 売上・仕入を適用税率別に区分して記帳が必要
● 複数税率に対応したレジへの入れ替え
● 新しい制度に則った請求書や領収書の発行