レーザーピッキングシステム

TEC WILL makes value

ピッキングソリューション レーザーピッキングシステム 簡単フリーロケーションで誰でもピッキング!

特長

ロケーション作成がフリー

・物品に付けた二次元コードにより自動で位置情報を認識

イメージ画像

導入コストは、従来技術の約1/2

・ピッキング対象をレーザーにて照射
・デジタルピッキングシステムよりも低コストで導入可能

比較イメージ 画像

デジタルピッキングとの機能比較

項目 LaserPicking デジタルピッキング
ピンポイント表示 可能
(集荷物品自体を指示)
不可能
(物品がある棚を指示するだけ)

有効な場面
  • 棚に小さな物品が多数あっても、ターゲットがすぐにわかる(調剤薬局)
  • 高い場所等で箱面文字が読めなくても、レーザー誘導ですぐにわかる(巨大な倉庫)
  • 図書館などでターゲットをいち早く探し出せる
導入設置 非常に容易
(3日で導入:内2日は予備日としてみる)
配線工事が必要
(平均工事期間30日以上)

優位性 配線工事が不要なため、設備導入を要するデジタルピッキングに比べ1/10の短期間で導入することが可能である。
棚レイアウト変更 非常に容易 大変困難かつコスト発生

優位性 配線工事が不要なため、棚の配置換えや倉庫移動などにも柔軟に対応できる。複雑な配線を施すデジタルピッキングは、再配置は事実上不可能であり、仮に対応しても、撤去などの作業を含めると導入時以上の期間を要する。
作業指示多様化 可能
(数字、色、マーク矢印など)
数字のみ可能

優位性 色や形を変えることにより、作業者毎に作業者に応じた指示を出すことが可能になる。デジタルピッキングでは、単に数字が出るだけなので現場が混乱している。
置き間違い検知 可能 不可能

優位性 カメラとレーザーのみに保護装置を付ければよく、配線など含めたすべてを保護しなければならないデジタルピッキングより遥かに安価にすむ。
広大な施設への導入 従来になく安価かつ容易 膨大な表示器導入要

優位性 事項コスト比較参照

棚卸管理が大幅軽減

・カメラ画像から、棚卸が可能
・従来のハンディでの棚卸は不要

棚卸イメージ画像

概要図

全体概要図

事例

レーザーピッキングの事例 1 【工場、倉庫】

事例写真
棚卸し

事例写真
工程指示

他、フリーロケーション、先入れ先出し、取り間違い防止、野積みのロケ作成と集荷指示

レーザーピッキングの事例 2 【公共施設、店舗】

事例写真
蔵書点検の無人化

事例写真
ショッピングナビゲーション

他、書籍探しナビゲーション、無人店舗ナビゲーション、調剤薬局、コーディネート

レーザーピッキングの事例 3 【オフィス、医療機関】

事例写真
書類管理

事例写真
順序指示

他、ファイル探し、備品管理・棚卸し、カルテ管理、術具指示