ARESPOシリーズ(エリスポシリーズ)ARESPO line 20D

TEC WILL makes value

狭域無線LANシステム


ARESPO line 20D 長距離タイプ

安定した通信品質&高いセキュリティ 新世代の無線LANシステム 802.11b/g(2.4GHz)、802.11a(5.2GHz)に対応

快適で安定した無線LAN環境を創造する漏洩同軸ケーブル(LCX)無線LANシステム

漏洩同軸ケーブルとは同軸ケーブルに電波を放射するスロットを設けたもので、LCX(Leaky Coaxial Cable)と呼ばれています。
漏洩同軸ケーブル(LCX)を使用した ARESPOシリーズ無線LAN製品は従来の無線LANでは実現が難しかった課題を解決致します。


ARESPO line 20Dには下記の特長があります。

  • 1. アクセスポイント1台で最長680mまでカバーします。(諸条件によります)
  • 2. わん曲した細長い通信エリアを構築可能です。
  • 3. 通信エリアをケーブル周辺に限定でき、不必要なエリアに電波を漏らしません。
  • 4. 電波干渉を低減します。
  • 5. 漏洩同軸ケーブルは-40~80℃の広い温度範囲で使用可能です。
  • 6. 屋外で使用可能です。

漏洩同軸ケーブル(LCX)無線LANシステムは無線環境が過酷な製鉄所で使われています。(株)東芝発行の東芝レビューに掲載されました。



主な特長

アクセスポイント1台で最長680mまで可能!

細長い通信エリア内でローミングせずに無線端末をご使用できます。

1台のアクセスポイントでカバー、細長い通信エリア最長680m

最長680mの通信エリアを実現

アクセスポイント1台とLCXアンテナ1本使用で最長340m、さらにLCXアンテナを2本使用すれば最長680mの通信エリアを実現。1台のアクセスポイントに接続したまま快適で安心な無線LAN環境を利用できます。

(2.4GHzタイプの場合)

2種類の形態で設置可能
LCXアンテナ2本使用、LCXアンテナ1本使用の図

わん曲した細長い通信エリアを構築可能

入り組んだトンネルでのVoIP電話

曲折してもOK

不必要なエリアに電波を漏らしません

通信エリアを限定するため、外部からの不正な侵入・傍受が困難になります。

通信エリアのイメージ図

電波干渉を低減し通信が安定

通常のアンテナでは電波の反射により不安定なポイントが発生することがあります。LCXアンテナは、ケーブルアンテナ全体で電波を発生するため、ヌルポイント(電波の弱いポイント)が発生しにくくなり安定した無線通信が行えます。

▼従来アンテナ
従来アンテナのイメージ図

▼LCXアンテナ
LCXアンテナのイメージ図

▼LCXアンテナ
LCXアンテナのイメージ図

▼アクセスポイント
アクセスポイントのイメージ図

▼専用クライアント無線機
専用クライアント無線機

商品仕様

LCXアンテナ(20Dタイプ)

直径 29mm(支持線含まず)
ケーブル長(1本あたり) 50~340m(2.4GHz用)
50~180m(5.2GHz用)
※各種長さを取り揃えております。
通信距離(LCX-クライアント機) クライアント機等の諸条件により変わりますのでお問い合わせください。
温度範囲 -40~80℃
質量 730g/m

アクセスポイント/クライアント(共通仕様)

無線サポート規格 802.11b/g(2.4GHz)
802.11a(W52のみ)(5.2GHz)
無線通信速度 54Mbps(理論値)
無線セキュリティ 802.1x/EAP、WPA2・WPA他
有線サポート規格 802.3、802.3u、802.3af
有線通信速度 100/10Mbps 自動切換
外形寸法 140mm(幅)×50mm(奥行)×120mm(高さ)
電源 DC48V、200mA以下
付属品のPOE、ACアダプタを使用
質量 860g(LANケーブル含む)
防水レベル JIS保護等級4級(防まつ型)相当