ARESPOシリーズ(エリスポシリーズ)ARESPO line 5D

TEC WILL makes value

狭域無線LANシステム


ARESPO line 5D 狭域エリア ライン型

安定した通信品質&高いセキュリティ 新世代の無線LANシステム 802.11b/g(2.4GHz)、802.11a(5.2GHz)に対応

狭域通信エリアが実現する高いセキュリティと安定した通信環境。

漏洩同軸ケーブル(Leaky Coaxial Cable)を無線アンテナとして使用することで、狭い通信エリアを実現できます。
2.4GHz/5.2GHz 選択して使用可能です。

必要なエリアでのみ通信可能! 電波の干渉を抑え安定した通信環境を実現! セキュリティが向上!

こんな場所でのご利用に最適!

セキュリティを向上させたい会議室などに。
会議室のイメージ図

一部のエリアだけで使用したい。
一部のエリアのイメージ図

主な特長

快適で安心な無線環境を実現する4つのメリット!

LCXに沿って安定通信エリアを構成

通常のアンテナでは電波の反射により通信が不安定になる場合がありますが、LCXアンテナは、ケーブル全体から反射しにくい弱い電波を放射するため、LCXに沿って安定した通信エリアを構成します。

LCXアンテナ通信エリアのイメージ図

▼LCXアンテナ
LCXアンテナのイメージ図

▼アクセスポイント
アクセスポイントのイメージ図

電波干渉を低減し通信が安定

オフィスでの利用において、無線端末の増加による通信速度低下をカバーするためアクセスポイントを増やすと、電波干渉が発生します。LCXアンテナは、ケーブルに沿って細長い通信エリアを構成するため、電波干渉を抑え安定した無線通信が行えます。

従来アンテナのイメージ図

LCXアンテナのイメージ図

通信エリアのセキュリティが向上

LCXアンテナは通常の無線LANに比べ通信エリアを限定する特性をもつため、外部からの不正な侵入・傍受が困難になり、セキュリティレベルがより高まります。また、減衰器(別売)の利用やアクセスポイントの設定により、通信エリアを変更することができます。

LCXアンテナ通信エリアのイメージ図

2.4GHz帯と5.2GHz帯 を選択して使用可能

LCXは両バンドで使用可能です。
アクセスポイントの設定により2.4GHzと5.2GHzを選択して使用することが可能です。

商品構成・仕様

イメージ図

LCXアンテナ(5Dタイプ)

型番 TLCX-25D1-Z-**0-R(**:01~10)
直径 7mm
ケーブル長(1本あたり) 1~10m@2.4GHz/5.2GHz共用
(1m単位で長さを取り揃えております)
安定した通信距離
(LCXからの距離)
~1m
概ね15Mbps以上のスループットが得られる距離(1対1通信時)
コネクタ SMA-J(片端は終端器取付済)

アクセスポイント

型番 SRTAP-LAP-DS54N-04-R
無線サポート規格 802.11b/g/n(2.4GHz)、802.11a/n(5.2GHz)(W52)
※802.11a/n(W53、W56)には対応していません。
無線通信速度 54Mbps(理論値11a/g)
150Mbps(理論値11n)
無線セキュリティ 802.1x/EAP、WPA2・WPA他
有線サポート規格 802.3、802.3u、802.3ab、802.3af
有線通信速度 1000/100/10Mbps 自動切換
外形寸法 120(幅)×103(奥行)×29(高さ)mm
電源 ACアダプター(付属品):AC100V
802.3af準拠
質量 250g

アプローチケーブル

型番 TLCX-E2D10-1-1-R
直径 4.3mm
ケーブル長 1m
コネクタ 両端SMA-P

※長さ0.5mもございます。

減衰器(オプション品)

減衰量 5dB、10dB、15dB(3種類ございます)
コネクタ SMA-J・P