Loops Style ブログ環境のために役立つ、オフィスや紙の
トピックをお届けします。

  1. Loops Style ホーム
  2. Loops Style ブログ
  3. 用紙の削減状況を見える化する e-BRIDGE Plus for Green Information
Loops

用紙の削減状況を見える化する e-BRIDGE Plus for Green Information

e-BRIDGE Plus for Green Informationで複合機のカウンター値を収集・集計。環境保護につながる情報として見える化して操作パネルに表示。

目次
  1. 操作パネルで用紙削減の進み具合を確認
  2. 合計10台の複合機の情報を収集・集計
  3. まとめ

操作パネルで用紙削減の進み具合を確認

e-BRIDGE Plus for Green Informationは、東芝テック複合機のカウンター値や部門・ユーザーカウンター値を収集して集計できるアプリケーションです。さらに、集計したデータを元に用紙削減の貢献度を、複合機の操作パネルに表示することもできます。環境保護につながる情報、Green Informationをわかりやすく確認できるので、用紙削減の励みにもなります。

e-BRIDGE Plus for Green Information(以下アプリケーション)の特長の一つは、複合機の操作パネルで用紙削減の状況がすぐに確認できること。確認操作はとても簡単です。

①操作パネルの[ホーム]ボタンを押します。

②アプリケーションのアイコンを押します。

③情報が確認できます。

この画面では、用紙削減の貢献度が表示されます。

部門名(部門認証時)、ユーザー名(ユーザー認証時)、集計期間

画面上部に表示されます。

メッセージ

両面印刷率、ページ集約印刷率、リユース用紙印刷に関する目標の達成度に応じて、メッセージを表示します。オリジナルメッセージを表示することもできます。

印刷枚数

実際に使用した用紙の総枚数。

削減枚数

両面印刷、ページ集約印刷、およびリユース用紙使用によって削減できた新品用紙の枚数。

順位

登録したすべてのデバイスを利用する部門またはユーザーの目標達成順位を確認できます。

両面印刷率、ページ集約印刷率、リユース用紙の印刷率

両面印刷率、ページ集約印刷率、リユース用紙を使用する割合の目標と、実際に使用割合をグラフで確認できます。

グラフ右下の数字はあらかじめ設定した削減目標率、中心の数字は実際の達成度を示しています。 達成度はグラフの色でも表示されます。

緑色:目標を超えた達成度です。
黄色:目標の50%以上、100%未満の達成度です。
ピンク色:目標の50%以下の達成度です。

このように、グラフや色表示、数字で用紙削減状況が一目でわかることが大きな特長です。

④操作が終了したら操作パネルの[ホーム]ボタンを押すか、[×]をクリックします。

この確認画面を操作パネルに常時表示するよう設定することもできます。

合計10台の複合機の情報を収集・集計

中心となる複合機の他、9台の複合機のカウンター値や部門・ユーザーカウンター値を収集して集計できます。

用紙の使用状況削減状況が一目でわかり、部門ごと、ユーザーごとの取り組みが見える化するため、自然と用紙削減が進む便利ツールです。ぜひご活用ください。

まとめ

いかがでしたか?
用紙の削減状況を見える化するツール、e-BRIDGE Plus for Green Information。楽しみながら、用紙の削減に取り組むことのできる、とっても便利なツールです。ぜひご活用ください。

※詳細は、東芝テックホームページ掲載の取扱説明書>Loops LP35/LP45/LP50>

「e-BRIDGE Plus for Green Information 取扱説明書」"ホーム画面で情報を確認する"をご参照ください。

ペーパーリユースで紙やオフィスの無駄を無くしませんカード

人気記事

オフィスの紙、減らします