Toshiba 東芝テック株式会社

Loops-styleは、紙資源を有効活用するための提案サイトです。

Case Study

【大阪府】サービス 動物霊園様

用紙リユースが決め手に!エコクリスタルに可能性を見いだしカラー機も導入。

【大阪府】サービス 動物霊園様

大阪府に本部を置くペット霊園事業者は、Loops LP35を導入。残す印刷と消す印刷との使い分けにより用紙使用量の削減を実現しました。

同社は、大阪事務所の他、姫路事務所など3拠点でモノクロプリンタを利用していました。しかし、説明資料などにカラー印刷の必要性が高まったことから、多目的に活用できるカラー複合機の導入を検討。東芝テックからの提案、カラー複合機e-STUDIOと、耐水性に優れた用紙エコクリスタルに興味をもち、本部に導入。拠点にはモノクロ機を検討していましたが、あわせて提案のあった消色して用紙を再利用できるブルートナーでの印刷と、モノクロ印刷にも対応したハイブリッド複合機Loops LP35にも将来性を感じ、導入を決定しました。

Before
  • 卓上タイプのモノクロプリンタ専用機を活用
  • カラー印刷の必要性からカラープリンタの導入を検討
  • 用紙のリユースは裏紙としての再利用しか方策がなかった
  • 用紙使用量を効果的に削減する方法を模索していた
After
  • ハイブリッド機のLoops導入で残す印刷と消す印刷とを使い分け
  • FAXや確認のみの書類は消色装置Loops RD301で消色
  • 消色した用紙は5〜6回繰り返して再利用
  • 本部にカラー複合機を導入、エコクリスタルへの印刷も可能に
  • カラー複合機はペット写真をエコクリスタルに印刷して各拠点でお客様へのサービスに活用
卓上プリンタをLoopsやe-STUDIOに入れ替えし、用紙リユースや特殊用紙への印刷を実現

Case016_b3.jpg