Toshiba 東芝テック株式会社

Loops-styleは、紙資源を有効活用するための提案サイトです。

Case Study

【佐賀県】医薬品・化粧品小売業 調剤薬局様

受信FAX用紙のリユースを評価、Loops LP35を導入。

【佐賀県】医薬品・化粧品小売業 調剤薬局様

佐賀県の調剤薬局では、FAX専用機の入れ替えにともないLoops LP35を導入。不要な書類の用紙リユースを実現しました。

この調剤薬局では、毎日の業務で大量の処方箋をFAX受信していました。調剤薬局での待ち時間を短縮するために、事前に処方箋をFAX送信する利用者様が多いためでした。しかし、利用者様にお薬を手渡す際に処方箋の原本を受け取るため、その後は不要になる書類でした。裏紙の使用は、事故の元となる可能性もあるため、用紙再利用の方法はありませんでした。本薬局がFAXの置き換えを検討する際、こうした課題を知った東芝テックは、用紙を繰り返し使用できるLoopsを提案。他機にない機能を高く評価いただき、導入を即決しました。

Before
  • 処方箋受信のためFAX専用機を活用
  • 毎日大量の処方箋をFAXで受信
  • 受信したFAX用紙は、処方箋照合後、不要に
  • 裏紙としての再利用は事故の可能性もありできなかった
  • 用紙の無駄を減らしたかった
After
  • 用紙リユースが可能なLoops LP35をFAXとして導入
  • FAX受信出力をLoopsのブルートナーで印刷
  • 受信したFAX用紙は医薬品手渡し後に本体で消色
  • 消色した用紙は5〜6回繰り返して再利用することが可能に
  • モノクロプリンタ、コピーとしても活用が可能に
お客様から送信された処方箋をLoopsで受信、ブルートナーで印刷・リユース

Case017_b.jpg