Toshiba 東芝テック株式会社

Loops-styleは、紙資源を有効活用するための提案サイトです。

CASE STUDY

【長崎県】製造・卸売業 製材所様

Loops LP35の導入により迷惑FAXの防止と用紙リユースを実現。

【長崎県】製造・卸売業 製材所様

モノクロ複合機をLoops LP35に置き換え、迷惑FAXの防止と、FAX受信紙の再利用が可能に。

木材・竹材の卸売や、建築材料の卸売業を営む長崎県の製材所では、事務所でのFAX送受信、プリントやコピーのために東芝モノクロ複合機 e-STUDIO256を利用してきました。

リース満了を控え、新機種導入のため複数メーカーの機種を比較検討しました。機能面で大きな違いのない製品が多い中、東芝テックからの提案は、「モノクロ印刷」に加え「消して用紙を再利用できるブルー印刷」が可能なハイブリッド機Loops LP35 FAXモデルでした。迷惑FAXの防止と、FAX受信紙の再利用が容易にできることから、導入を決定しました。

Before
  • 事務所でモノクロ複合機e-STUDIO256を利用していた
  • リース満了を控え複数メーカーのモノクロ複合機を比較検討
  • 迷惑FAXが多く無駄な出力・用紙を削減したかった
  • 東芝テックからの提案だけが用紙再利用が可能だった
  • ワークフローを変えずに用紙使用量の削減が期待できた
After
  • モノクロ印刷、ブルー印刷のできるLoops LP35を導入
  • 受信FAXはブルー印刷し使用後は用紙をリユース
  • 注文FAXには担当名・納期をフリクションで記入して返信
  • 消色した用紙は7〜10回程度の再利用が可能に
  • 社内文書をブルー印刷して用紙をリユースする計画も
受信FAXはブルートナーで印刷し用紙リユースを実現

Case024_b-3.jpg