Toshiba 東芝テック株式会社

Loops-styleは、紙資源を有効活用するための提案サイトです。

CASE STUDY

【北海道】官公庁 市役所様

情報システム部門のプリンターとしてLoops LP35を導入。

【北海道】官公庁 市役所様

プリンターとして利用してきたモノクロ複合機をLoops LP35にリプレース。モノクロプリンターとしての活用に加え用紙リユースも視野に。

A市では、モノクロ複合機を情報システム部門のプリンターとして利用してきました。機器の入れ替え時期を迎えたため、プリンター入札を公開。

東芝テックでは、「モノクロ印刷」に加えて「消して用紙を再利用できるブルー印刷」が可能なハイブリッド機Loops LP35を提案しました。

A市では、Loops LP35がプリンターとしての入札仕様を満たしているかを実機で確認。モノクロプリンターとしても、用紙リユースの検討を推進する機器としても評価され、導入が決定しました。

 

Before
  • 情報システム部門ではモノクロ複合機をプリンターとして利用していた
  • 機器入れ替えのため情報システム管轄のプリンター入札として公開
  • Loopsがモノクロプリンターの入札仕様を満たしているかを実機で確認
  • 入札仕様に適合したモノクロ・ブルーのハイブリッドプリンターと認定
  • 用紙リユースの検討を推進する機器としても評価
After
  • Loops LP35を市役所庁舎内外の20か所に導入
  • 情報システム管轄のモノクロプリンターとして運用
  • ブルー印刷した印刷物がきれいに消色でき再利用できることを確認
  • 用紙をリユースする際のセキュリティ確保など運用方法を検討
  • 集約印刷、裏紙利用以上の大幅な用紙使用量削減にも期待
情報システム部門のモノクロプリンターとしてLoops LP35を活用

Case025_b3.jpg