Toshiba 東芝テック株式会社

ムダをなくして、循環する未来へ。
Loopsとはじめる、これからのオフィス。

Case Study

株式会社エーコープみやざき様

FAX専用機をLoopsにリプレース
用紙リユースにより運用コストを従来比1/3へと大幅に低減

株式会社エーコープみやざき様

株式会社エーコープみやざきでは、宮崎県内に展開する38店舗からの注文書などをFAXで受信し、商品の手配をしていました。用紙リユースが可能なLoopsの存在を知り、5台の既存FAXの一部をLoopsにリプレース。これまでは不可能だった、大幅な用紙削減を実現しました。

株式会社エーコープみやざき様【宮崎県宮崎市】小売業

Before

用紙使用量が膨大で削減策がなかった

  • 毎日200枚以上のFAXを受信していた。
  • 唯一の用紙削減策はウラ紙の再利用だけだった。
  • コスト面からも用紙使用量を削減したかった。
  • ウラ紙の再利用時はどちらが表面か紛らわしかった。
  • 受発注方式を変えない解決策を模索していた。
After

従来方式のまま用紙購入量を大幅削減

  • FAXをLoopsに置き換えるだけでコスト削減。
  • 従来の作業手順は変えることなく課題を解決。
  • 片面10回、両面20回のリユースも可能に。
  • 計算上ではランニングコストが1/3に。
  • コスト意識、環境意識がこれまで以上に向上。
LoopsによるFAX受信は費用対効果の見えやすいソリューションし

FAXによる受発注や売上報告などの、慣れ親しんだ確実な作業手順はこれまでのまま。FAX専用機をLoopsに置き換えるだけで、用紙購入量を劇的に削減できました。

Loopsを使用した作業の流れ

用紙を適正に扱えば、片面10回、両面で20回のリユースも可能。LoopsでFAXを受信するメリットは想像以上!!

株式会社エーコープみやざきは、北は高千穂町の「A・コープ 田原店」、南は串間市の「A・コープ 大東店」、西はえびの市の「A・コープ かくとう店」まで、地産地消を合い言葉に県内全域に38の店舗を展開。本社所在地の「コア花ヶ島」には、食肉のプロセスセンターもあり、品質の高さで知られる宮崎牛を加工し、A・コープ各店に配送しています。

同社は、各店舗からの注文書などをFAXで受信し、その情報をもとに商品を手配しています。注文書は、精肉や青果などジャンル別に分かれていて、多ければ一店舗あたり毎日10枚も送られてきます。そのほか、店舗からは売上報告書やチラシの掲載情報なども送られてきます。取引先からは、店舗からの直接発注情報を取りまとめた受注報告書や商品案内のダイレクトメール、展示会・セミナーの案内なども多数送られてきます。そのため1日あたりの受信枚数は、約200枚以上に及んでいました。

用紙削減のため、ウラ紙を再利用するなどの工夫もしてきましたが、それにも限度がありました。とはいえ、電子的な受発注システムは導入にコストがかかり、何よりも従来の作業手順を大きく変えなくてはなりません。こうした課題に直面しているときに、店舗設備機器などの展示会「スーパーマーケット・トレードショー」開催の案内を受けました。会場に足を運んだ同社の副社長と総務部長は、Loopsのデモンストレーションを見て、「これなら用紙削減が可能!!」と直感、導入を即決しました。

何よりの決め手は、仕事の流れを一切変えることなく、従来のFAXをLoopsに置き換えるだけですぐにコスト削減ができることでした。2013年6月、営業課・商品課に5台設置してあったFAX専用機のうちの2台を撤去し、Loopsの複合機LP30、消色装置RD30が導入されました。コスト削減効果は、すぐに現れました。同社のニーズは「発注書を正しく読み取る」ことにありましたが、推奨リユース回数5回を大幅に超えた片面10回、両面で20回ものリユースも可能だったからです。計算上では、従来のFAXの1/3のコストで運用できることもわかりました。

また、消色操作は用紙回収ボックスに集めた用紙を、消色装置RD30のトレイに載せ、ボタンを押すだけの簡単な作業で済みます。同社は、Loops導入の高い効果が確認できたことから、残りのFAXをLoopsに置き換えることや、総務部門ではプリンタやコピーなど複合機として活用し、会議資料のリユースによる用紙削減や、環境負荷の低減に役立てる計画を立てています。

店舗からの発注情報(FAX)の流れとその他FAX受信の流れ

店舗からの注文書や売上報告書、チラシの掲載情報などが毎日200枚以上送られてくる
店舗からの注文書や売上報告書、チラシの掲載情報などが毎日200枚以上送られてくる

A・コープ各店舗では地元名産の宮崎牛を取り扱う
A・コープ各店舗では地元名産の宮崎牛を取り扱う

地元の野菜を取りそろえたコーナーには「地産地消」の合い言葉も
地元の野菜を取りそろえたコーナーには「地産地消」の合い言葉も

お客様の声

株式会社エーコープみやざき
総務部 総務人事課 課長 吉川浩

ひとことで言って、効果の見えやすいソリューションです。コスト削減効果が極めて高いことが確認できたので、今後はLoopsの追加導入と、それに合わせてFAX回線の集約も行い、さらなるコスト削減を目指していきたいと考えています。

吉川浩様