Toshiba 東芝テック株式会社

ムダをなくして、循環する未来へ。
Loopsとはじめる、これからのオフィス。

Case Study

株式会社MonotaRO様

1,000社を超える仕入れ先からのFAXをLoopsで受信
用紙リユースにより用紙購入量を大幅に低減

株式会社MonotaRO様

株式会社MonotaRO(モノタロウ)では、1,000社を超える仕入れ先からの連絡をFAXで受信し、結果を基幹システムに入力しています。受信枚数は毎日1,000枚程度。入力後は保管の必要のない文書であるため、用紙リユースが可能なLoopsの存在を知り、LoopsをFAXとして追加導入。用紙を繰り返し使用して、用紙購入量を大幅に削減しました。

株式会社MonotaRO様【兵庫県尼崎市】通信販売業

Before

FAX受信が大量で用紙使用量が膨大だった

  • 毎日1,000枚以上のFAXを受信していた。
  • ほとんどが保存の必要のない文書だった。
  • 裏紙の利用しか用紙削減策がなかった。
  • 仕入れ先の都合もありFAXは必須であった。
  • これまでのワークフローは変えたくなかった。
After

出力の高速化と用紙購入量削減を実現

  • Loopsで月間1万枚を受信し用紙をリユース。
  • 消色操作以外は従来の作業手順のまま。
  • クリアな印刷で作業効率も従来方式と同等。
  • 誰もがごく自然に用紙リユースを活用。
  • コストメリットを実感、追加導入も視野に。
保管不要なデータ入力後の受信FAXをほぼ100%リユース

仕入れ先からの受信FAXを元に、基幹システムにデータを入力する作業はこれまで通り。ワークフローを変えることなく、誰もが自然に用紙リユースシステムを使いこなしています。

Loopsを使用した作業の流れ

仕入れ先によってIT化の度合いはまちまちでFAXの活用は必須ワークフローを変えずに用紙がリユースできるのは魅力的

株式会社MonotaROは、MonotaRO.comを通じて、製造業・自動車整備業・工事業で利用する消耗品・工場交換部品をはじめ、整備工具やタイヤ・足回り品、各種工事業関連用品、事務用品を販売しています。取り扱いアイテムは700万点以上。登録ユーザー数は120万件超で、毎月2万件以上増加しています。仕入れ先は、1,000社以上。同社のカスタマーサポート部門では、仕入れ先への発注に関するコミュニケーションを担当しています。

仕入れ先企業との連絡手段としては、FAXが主流です。受信するFAXは1日あたり1,000枚。FAXに書かれた情報を基幹システムに入力すれば、保管の必要のない文書がほとんどです。用紙削減策も、裏面の使用やメモ用紙としての利用しか方法がなく、毎日大量に発生する使用済み用紙には頭を悩ませていました。たまたま、同社のITサービス部スタッフがWeb上でLoopsの存在を知り、東芝テックに問い合わせメールを送ったことから、展示会での実機テストなどを経て導入にいたりました。カスタマーサポート部門での機器構成は、同一回線にLoopsと既存の複合機とを接続、Loopsで優先的にFAX受信をする方式となっています。LoopsでのFAX受信は月間約1万5千枚。これは、通常の複合機では、用紙両面を利用しても年間9万枚が必要となる量です。Loopsでは、用紙を適切に扱えば片面10回程度リユースできるため、大幅な用紙削減効果が期待できます。

「カスタマーサポート部門では、1日の業務の終わりに、各自がその日にデータ入力を終えたFAXの枚数を数えることになっています。その際に、Loopsで受信した文書とそうでないものを分類し、各自が消色しています。必要に応じてステイプラーで綴じた文書も、各自が責任を持って針を取り除いてから消色しているため、ほぼ100%の用紙をリユースできています」とカスタマーサポート部次長の加藤範子様は運用について説明してくださいました。Loops導入にあたっても、用紙のリユース回数などを特にルール化することもなく、部の全員が自然に使いこなし、用紙削減に努めているのも特長です。

発注作業のワークフロー
発注作業のワークフロー

カスタマーサポート部門
カスタマーサポート部門

消色は各自が実施
消色は各自が実施

整理の行き届いた倉庫
整理の行き届いた倉庫

お客様の声

株式会社MonotaRO
カスタマーサポート部 次長 加藤範子

カスタマーサポート部では大量のFAXを受信するので、トナーを消色して用紙をそのまま再利用できる点が魅力です。スタッフも、ごく自然にLoopsを使いこなしているので、それだけ使いやすいシステムなのではないかと思います。

加藤範子様