Toshiba 東芝テック株式会社

NEWS

日本の印刷は疫病対策から?

22img_a.jpg

印刷の概念は中国での印鑑の利用に始まり、印刷物と呼べるものは、その少し後の時代、7 世紀後半くらいに始まる、木に文字を彫りインクを塗って紙に転写するという、木版印刷の初期段階的なものだという説があります。でも、実際に印刷物が作られたのは、日本が初めてという記録が残されています。

 

[称徳天皇の命により作られた世界初の印刷物]

770年、当時の首都である奈良で、称徳天皇の命により世界初とされる印刷物が作られました。称徳天皇は史上6人目の女帝であり、749年から758年までは孝謙天皇として、765年から770年までは称徳天皇として国を治めました。これ以降は江戸時代初期に即位した明正天皇まで、850年以上も女帝が立てられることはありませんでした。

 

[その目的は、疫病対策]

称徳天皇は、父の聖武天皇の路線を継承し、仏教を重視した政策を盛んに推し進めました。天然痘が大流行したり、大地震が起きたりの国難を乗り切るために多くの僧侶を集め、策を見いだすよう命じました。この難問に挑んだ僧侶達が出した答えは、木造の小さな三重の塔を百万基作り、それぞれに「無垢浄光陀羅尼経(むくじょうこうだらにきょう)」の写本を奉納するというものでした。

 

[百万枚の陀羅尼写本は印刷で]

当時、経典を作る方法としては一文字ずつ書き写す、写本が一般的でした。しかし、称徳天皇のブレインである吉備真備(きびのまきび)は、木版を用いて紙に文字を転写する技術を、中国で見て知っていました。そこで、教本の文字を板に彫りつけ紙に印刷する方法を提案しました。

百万塔陀羅尼の木版は、幅5センチ程で、文字は凸状に彫られました。紙の長さは15〜50センチで、虫食いを防止するために黄檗(キハダ)で染められたものが用いられました。

百万枚という大量の印刷物を一つの木版で印刷することは、版の耐久性から考えて不可能です。そのため、複数の木版を作ったか、金属や石を用いたのではないかという説もあります。

 

22img_b.jpg

[続日本紀にも記された国家事業]

陀羅尼の印刷と百万基の塔の制作という国家事業は、「続日本紀(しょくにほんぎ)」に記録されており、そこには、770年の完成まで5年8ヵ月を費やし、157名の技術者が関わったと記されています。写本を収めた三重の塔は、法隆寺や東大寺など10か所の寺の特別の堂に収められました。

後にこの塔は百万塔、陀羅尼の写本は百万塔陀羅尼とも呼ばれるようになりました。百万塔陀羅尼は、現存する中では印刷された年代が明確な世界最古の印刷物、百万塔は法隆寺に現在も4万数千個が保存されています。

 

いかがでしたか?

現存する最古の印刷物が、日本で作られていたとは、意外な事実ではなかったでしょうか?印刷と日本の文化には、切っても切れない関係があるのかもしれませんね。

 

 

22img_present.jpg

22img_apply.jpg2018年11月21日(水) 〜 12月20日(木)

 

22img_button.jpg

 

【注意事項】

・当選者の発表は、厳正なる抽選の上、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 賞品の発送は、2018年12月下旬を予定しております。

・賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。

・利用目的の範囲内で、お客様の個人情報を当社関係会社および株式会社東芝の関係会社や委託業者が使用することがございます。

・お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、東芝テック株式会社の個人情報保護方針のページをご覧ください。