Toshiba 東芝テック株式会社

ムダをなくして、循環する未来へ。
Loopsとはじめる、これからのオフィス。

NEWS

オフィスのペーパーレス化はタブレットとともに?

09imag_a.jpg

2010年から11年にかけて、一般向けのタブレット端末が相次いで発売されました。ノートPCよりも薄型で軽量、低価格化も進んだことから注目を集めました。パーソナルユースだけでなく、ビジネスに活用するケースも拡大。それとともに、文書をタブレットで閲覧するニーズも増えていき、ペーパーレス化は新しい時代を迎えました。

09img_b.jpg[オフィスのペーパーレス化はWWWとともに]

インターネットが普及し、World Wide Web、つまり世界中のサーバーで公開されている文書を、ウェブブラウザを利用して閲覧できる仕組みが登場した1990年代中頃、オフィスのペーパーレス化は最初の大きな変革期を迎えました。 企業内のネットワークもIP*とWebの技術を応用したイントラネットが一般化し、操作性に優れたパソコン向けワープロソフトも次々に登場し、文書をパソコンで制作することが当たり前になっていきました。ペーパーレス化が叫ばれながらも、文書は紙が基本でした。

 *インターネットプロトコル

[第二の変革期はタブレットの普及とともに]

タブレットは当初、音楽や動画、映画などを楽しむための端末として評価されていました。しかし次第に、さまざまなアプリケーションを実行する環境を備えるようになり、これまでにない高精細なモニターや長時間利用できるバッテリー容量で人気を集めていきました。 それまでも高価なタブレットPCや、読書に特化した電子ブックリーダーが販売されていましたが、タブレットの登場で、モニター上で書籍や文書を読む時代が一気に拡大したのです。

[守りのペーパーレスから、攻めのペーパーレスへ]

それまでの文書の電子化が、「書庫を占領した文書を減らすための守りのペーパーレス」だったとすれば、タブレットの登場以降は、「モニターで文書を読むための攻めのペーパーレス」へと変わりました。 カバンに入りきらないほどの大量のマニュアルやカタログも、タブレット端末に保存できるため、持ち運びに苦労することはなくなりました。高精細なモニターで書類を見やすく表示できますし、細かい部分もピンチアウト操作で簡単に拡大できます。従来の紙ベースのワークフローに、大きな変革をもたらしたのです。

[ビジネス、パーソナルともスキャナーに注目が]

こうした変化にともなって、一躍注目を集めた周辺機器がドキュメントスキャナーでした。ビジネス用途としては複合機のスキャナーが、パーソナルユース向けには小型のドキュメントスキャナーが一気に普及したのです。 長期間保存しておきたい文書をスキャンする場合はもちろん、名刺やメモやレシートを気軽にスキャンすることが当たり前となりました。ドキュメントスキャナーがワークフローの重要な位置を占めるようになったのです。 いまでは当たり前になった、文書をスキャンして自由に使いこなすというワークフローは、タブレットが一般化する十数年前までは「未来」のビジネススタイルだったのです。

 

いかがでしたか? 紙文書は、遠隔でアクセスすることや、他のドキュメントと結合することが困難です。でも、文書をデジタル化することでそうした作業が容易になりますし、さらには、動画や音声との融合も可能になります。タブレット端末の一般化は、紙文書をベースとしたビジネススタイルを、より軽やかなものとしたといえるでしょう。

 

 

09img_present.jpg

09img_apply.jpg 2017年11月1日(水)〜 11月30日(木)

09img_button.jpg

【注意事項】

・当選者の発表は、厳正なる抽選の上、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
 賞品の発送は、2017年12月下旬頃を予定しております。

・賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。

・利用目的の範囲内で、お客様の個人情報を当社関係会社および株式会社東芝の関係会社や委託業者が使用することがございます。

・お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、東芝テック株式会社の個人情報保護方針のページをご覧ください。