Toshiba 東芝テック株式会社

PRODUCTS

用紙削減目標値の設定や印刷の詳細データを確認できる e-BRIDGE Plus for Green Informationの徹底活用方法とは?

前回の記事では、複合機の操作パネルに削減状況を表示し、誰でもカンタンに確認できるアプリケーション、e-BRIDGE Plus for Green Informationの機能をご紹介しました。

今回は、操作パネルに表示させる内容や数値を設定したり、さらに詳細なデータをパソコンで確認したりできる、高度な機能についてご説明します。管理者による設定が必要ですが、e-BRIDGE Plus for Green Informationをいっそう便利にご利用いただけます。

 

16img_a.jpg

[e-BRIDGE Plus for Green Informationの画面を開く]

e-BRIDGE Plus for Green Information(以下アプリケーション)の画面を開くには、アドレスを入力してTopAccessを起動します。

①Webブラウザを起動し、URLにhttp://<IPアドレス> または http://<デバイス名>を入力します。

 

(注意)

このアプリケーションを使用するには、管理者権限でTopAccessにログインする必要があります。

 

②[管理者]タブ>[アプリケーション]>[アプリケーションリスト]>[e-BRIDGE Plus for Green Information]を選択します。

16img_b.jpg 

③[情報]、[エクスポート]、[設定]または[アカウント]を選択して各画面を開き、情報を確認したり機能を設定したりします。

16img_c.jpg・「情報」:収集した情報を確認する

・「エクスポート」:収集した情報をCSVファイルに書き出す

・「設定」:このアプリケーションを設定する

・「アカウント」:収集した部門またはユーザカウンタのデータを削除する

 

[用紙削減状況などを値やグラフで確認できる「情報」画面]

●用紙削減情報

レイアウト別の印刷カウンタの値と新品・リユース枚数カウンタの値から用紙削減効果を計算し、用紙削減の推移と用紙削減機能の利用率をグラフで表示します。

16img_d.jpg 

●カウンタ情報

印刷、スキャン、OCR読み取りの各カウンタ値を集計して表示します。

16img_e.jpg

 

 

[各印刷データをダウンロードできる「エクスポート」画面]

●CSVデータの書き出し

データ(各印刷)値をCSVでダウンロードできます。

該当する情報の[新規作成]をクリックすると、デバイスのカウンタ情報と用紙削減情報を6つのカテゴリに分類して、手動でCSVファイルを書き出すことができます。 

 

[目標値などを設定できる「設定」画面]

●用紙削減の目標値などを設定

両面印刷利用率、集約印刷利用率、リユース用紙への印刷率の目標設定や、用紙削減コスト・CO2削減量の設定、登録デバイスからデータを自動取得する時刻などの設定が行えます。 

 

いかがでしたか?

さまざまな目標値をきめ細かく設定し、その達成状況をわかりやすく見える化できるe-BRIDGE Plus for Green Information。達成状況が見えることで、自然と用紙削減に対する意識が向上したり、モチベーショ ンが強化されたりします。ぜひご活用ください。

 

※詳細は、東芝テックホームページ掲載の取扱説明書 Loops LP35/LP45//LP50>「e-BRIDGE Plus for Information」>P18 "このアプリケーションを使用する" をご参照ください。