Quick免税

TEC WILL makes value

一括免税管理システム Quick免税

主な特長

SC、商店街などで…。買い回りしても、免税手続は一括でOK。

クイックな免税処理で、お客様へおもてなしを。

「クイック免税」は手続委託型の免税運用に対応し、免税手続きから消費税相当額の返金処理までをトータルにサポートする一括免税管理システムです。施設内に免税手続きカウンターを設置することで、免税手続き処理を1ヵ所に集約できます。免税業務の分散処理にも対応でき、免税手続きでお客様をお待たせすることのないクイックな処理を実現し、サービス向上に貢献します。

選べる運用

業務集中型

免税カウンターでパスポートの確認から、免税対象商品の登録、消費税相当額の返金までを一括しておこなう業務集中型。各テナントでシステムの構築が不要なため、導入コストを抑えることが可能です。

利用イメージ

業務分散型

免税受付カウンター、各テナント、免税精算カウンターで各業務を分散。テナントでクライアント端末に免税対象商品の登録をおこなうことで、免税精算カウンターでの手続き処理の簡素化、お客様の対応時間短縮が可能です。

利用イメージ


購入者誓約書を電子データで保管

免税手続きのために必要となる「購入者誓約書」は約7年の保管が必要。これをお客様の電子サインとともに電子データとして保管が可能。膨大な紙ベース管理から開放されます。
※購入者誓約書の電子データ保管は、2016年5月より認可される予定です。


国籍に合わせた、外国語印字に対応

日本語に加え、パスポート情報から取得した国籍に合わせた外国語(英語/中国語〈簡体字/繁体字〉/韓国語)を併記した「購入記録票」「購入者誓約書」「消耗品注意事項ラベル」が出力できます。


今後の売場づくりや販売計画に活かせる

期間指定によるテナント別、国別、商品別での免税売上実績を出力可能。またCSVファイル出力もでき、多角的な分析によって、今後の販促・販売戦略に役立てることができます。


免税管理サーバはオンプレミス/クラウドが選択可能

自社で用意したサーバなどを使用するオンプレミス型、東芝テックのクラウドサービスを活用するクラウド型の2タイプがあり、施設の規模や現状のシステム環境に合わせて選択できます。


返金処理の自動化で、オペレーター負荷を軽減

自動釣銭機や入出金機との連動が可能で、返金処理などのオペレーターによる金銭管理の負担を軽減します。

商品仕様

業務分散型

システム構成図

業務集中型

システム構成図