ショッピングセンター向けテナントパッケージ SC Core(エスシーコア)

TEC WILL makes value

ショッピングセンター向けテナントパッケージ SC Core(エスシーコア)

より正確に、より簡単に、よりスマートに!

主な特長

SC Coreのイメージ図

タッチでラクラク。テナント イノベーション

ICクレジット、銀聯カード、J-Debit、マルチ電子マネーに加え、インバウンドに対応した多通貨クレジットなど多彩な決済機能を搭載。
また、ポイント、売上報告やメールなど、テナント運用に合わせた豊富な機能を用意しております。

Point1 多彩な決済に対応

カード決済

カード決済のイメージ図 決済処理はリッチクライアント方式を採用。スムーズな決済ができ、通信障害にも強く、安定した運用を実現します。
※端末本体で決済完了まで実施する方式

インバウンド

一括免税管理システム「Quick免税」との組み合わせで免税対応を実現します。
※2018年秋対応予定

電子マネー

7ブランドに対応(交通系IC、楽天Edy、iD、QUICPay、WAON、nanaco、PiTaPa対応)。

電子マネーのイメージ図

多通貨対応

多通貨対応<のイメージ図 旅行者の自国通貨決済に対応できる、多通貨クレジット決済を実現しています。

セキュリティ

PA-DSS(ペイメント・アプリケーション・データ・セキュリティ基準)に対応した決済アプリケーションを保有しています。

Point2 かんたん売上

かんたん売上のボタンを押すだけで、ポイント付与から支払いまでの一連の操作が簡単に行えます。

かんたん売上のイメージ図

Point3 メンテナンス性向上

障害対応、端末入替など、デベロッパー自身でメンテナンスが可能。難しい操作を習得することも、サービスマンを待つ時間も必要ありません。

メンテナンス性向上のイメージ図

Point4 ブラウザ機能

ブラウザ機能のイメージ図 ブラウザ機能で、AssistCircle(グループウェア)など連携ソリューションを利用可能。メッセージの送受信、売上分析、各種電子申請など、デベロッパーとテナント間のコミュニケーションツールとして、業務効率化を実現します。

Point5 スワイプ感覚で画面スクロール

スワイプ感覚で画面スクロールのイメージ図 スマートフォン感覚のスワイプによる画面送りが可能。日報などページ送りする際、慣れ親しんでいる操作感を提供します。
※Windows10搭載機のみ

システム構成(例)

システム構成のイメージ図

  • ※ 「IC」のロゴは交通系ICカード全国相互利用のシンボルマークとして制定されたシンボルマークです。
  • ※ 「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
  • ※ 「iD」は、株式会社NTTドコモが提供するポストペイ(後払い)方式の決済サービスです。
  • ※ 「iD」及び「iD」のロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※ 「QUICPay」は株式会社ジェーシービーの登録商標です。
  • ※ 「WAON」はイオン株式会社が展開するの電子マネーブランドの登録商標です。
  • ※ 「nanaco」は株式会社セブン・カード・サービスが管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
  • ※ 「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。