株式会社マキヤ 様

特殊用紙印刷ソリューション カタログダウンロード 特殊用紙サンプルご請求フォーム
  • 特殊用紙印刷TOP
  • 業種別利用イメージ
  • 特殊用紙ラインアップ
  • サンプルダウンロード
  • 活用例/導入事例
  • 活用ヒント集

特殊用紙印刷ソリューションを導入されている企業の実例です

株式会社マキヤ 様

快適なライフスタイルを提案し、地域密着の店舗を展開する小売業
http://www.makiya-group.co.jp/

チェーン展開する店舗のPOP作成に
エコクリスタルを活用して制作時間の短縮を実現

静岡県を中心に「エスポット」、「フードマーケットPOTATO」などの5業態、約80店舗を展開する株式会社マキヤでは、店舗で使用するサインやPOPを内製しています。2016年10月からは、東芝テックのe-STUDIO4505AC を導入し、耐水紙エコクリスタルを活用したPOP の作成を開始。制作時間の大幅な短縮・省力化を実現しています。

導入のポイント

1
ラミネート加工が不要で耐久性に優れたPOPが簡単に作れること
2
専門業者に依頼したレベルの高品質で色鮮やかなPOPが内製できること
3
用紙の種類やサイズが豊富でさまざまなサインやPOPに応用できること

活用シーン

店舗のオープンやリニューアル時には、大量のPOPを短期間で作る必要があります。さらにオープン直前やオープン後に突発的にPOPが必要になることも珍しくありません。ラミネート不要のエコクリスタルは、このような場面で大活躍しています。

活用シーン

活用シーン

エコクリスタルなら、専門業者に依頼したレベルの高品質なPOPが簡単・スピーディに内製可能!

エンドPOPの制作工数を半減できるエコクリスタルに期待

株式会社マキヤでは、チェーン展開する店舗のサインやPOPの制作を本社・営業企画部で行っています。Adobe Illustratorを使って本格的なデザインを行い、プリンタで出力。ラミネートなどの加工をして掲示していました。しかし、商品陳列棚の列の両端で利用するエンドPOPでは、1200㎜の長尺用紙を4つに裁断した細長いPOPを多く用いるため、ラミネート加工が大変な手間になっていました。長尺印刷、紙の裁断、長尺ラミネート、仕上げの裁断と4工程が必要なうえ、長尺のラミネートは少しのズレが失敗に結びつくので一度に2 枚しかラミネートできず、生産性が上がりませんでした。
2016 年秋、営業企画部の大橋様は、ラミネートが不要な耐水紙エコクリスタルと、特殊用紙への対応力の高い東芝複合機「e-STUDIO4505AC」の提案を東芝テックから受けました。印刷サンプルなどを確認すると、「これならPOP 制作の工程が半減できる」と、導入を即決。10月から活用をはじめました。

ねらい通りの色を再現できる高い表現力で化粧品売り場のPOPも色鮮やかに

エンドPOPは、商品陣列棚の列の端ごとで利用され、新店舗のオープンやリニューアル時には、手間のかかる細長いPOPを短期間で大量に作成する必要があります。
e-STUDIO4505AC導入時は、ちょうどエスポット淵野辺店のオープンと重なっていたので、同社は早速POPの制作に利用しました。オープン直前は、突発的にPOPが必要になることもあり、スタッフにとって気の抜けない瞬間です。
「e-STUDIO4505AC」を使って、エコクリスタルに印刷するだけでPOPが作れることに、まず驚きました。ラミネートが難しかった帯状のエンドPOPも、長尺エコクリスタルに印刷してカットするだけなのでストレスもなくなりました。色の再現性も自然で鮮やか、用紙自体に厚みがありコシもあるので、そのままPOPとして使用できます。特にピンク系の微妙な色合いを美しく再現できるので、化粧品売り場のPOPとしても自信をもって掲示できます」と、大橋様は仕上がりを高く評価します。

サンプルメディアご請求フォーム カタログダウンロード

特殊用紙印刷に対応できる、東芝カラー複合機

e-STUDIO5005C

e-STUDIO7506C