お役立ちコラム

みなさまのお店づくりや業務に役立つ情報・
ヒントを掲載しています。

イメージ
  • のイメージ

    流通トピックス

    PBが台頭する中でのNBメーカー戦略

    安かろう、悪かろうのイメージがあったのは過去の話。味や品質に優れリーズナブルな価格のプライベートブランドが大人気です。日本はナショナルブランドへの信頼が厚いと言われてきましたが、大きな変化が起こっているようです。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    ネットスーパーの利用3割に留まる セルフレジは8割が利用

    ある監査法人グループが、2023年1~3月にWebルーミング、BOPIS、ネットスーパー・ネットコンビニ、パーソナライズされた販促、トレーサビリティに関する取り組み、レジ機能の省人・無人化、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    酒税改正における酒類メーカーの棚割戦略

    酒類および米穀類における販売免許制による参入規制は小規模な酒販店や米穀店の保護につながっていましたが、1990年代後半から小売販売に関する規制緩和が進みました。酒類販売については、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    値上げによる購買行動の変化

    2021年後半から、原材料価格やエネルギー価格の上昇、急激な円安進行などにより、様々な商品・サービスの価格が上昇しており、食料は総務省「消費者物価指数(CPI)」によると…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    衝動買いを促進する「デジタルスクリーン」

    食料品のネット通販が年々増加している米国。一方のスーパーマーケットは、お客さんに店舗に足を運んでもらうため、革新的な方法を常に探しています。それは大規模なスーパーマーケットだけではなく…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    パートの賃金上昇し、経営の効率化一層求められる 人手不足に拍車かかり、セルフレジなどのDX化進む

    このところ、モノの値上がりが凄く、スーパーマーケットの売上も好調です。その要因の多くはグロサリーを中心とした値上げ分です。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    進む米国アパレルでのRFID活用

    アパレルでの利用が増えているRFID。日本では、世界展開している大手アパレルが全商品にRFIDタグを使用しています。セルフレジでは買い物かごを置くだけで商品の合計金額が表示され、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    人はなぜ衝動買いをする?

    スーパーマーケットのレジ横に置かれたスナック菓子や乾電池。会計の順番待ちをしている間についカゴに入れてしまう。あるいは特売品という値札の付いた洋服。それほど気に入っているわけではないのに、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    手間がかかる方がよく売れる?

    手作りした子ども服や陶芸体験で作った湯呑み茶碗。もう使わないとわかっているのに、なかなか捨てられないという経験はありませんか。私たちは自分が労力をかけて作ったものに対して、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    人はなぜセットメニューを選ぶのか?

    スーパーマーケットやコンビニエンスストアに行くと、レジ前の床に描かれた矢印や線を目にすることがあります。コロナ禍ではお客様同士が適切な距離を保てるよう、行列ができる場所にこうした矢印や…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    店頭で“おなじみの商品”を 選んでしまうのはなぜ?

    スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで商品を選ぶとき、店頭でよく見かける商品やどこかで見聞きしたことのある商品を選んでいませんか。パソコンのように高額な商品や洋服などこだわりの…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    セール品は定価を 表示した方がよく売れる?

    クルマ好きのA氏は以前から憧れていた1000万円のクルマが、とあるウェブサイトで700万円で売っているのを見つけました。思わず「安い!」と感じ、貯金をはたいて買ってしまおうかと思いましたが、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    「全品100円」と 「2割引」どっちがお得?

    夕方、おにぎりを買おうとスーパーマーケットに立ち寄ったところ、定価120円のおにぎりが「全品20%引」で売られていました。ところが、いつものコンビニエンスストアでは、同じく120円のおにぎりが…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    松・竹・梅のメニュー なぜ真ん中を選んでしまう?

    寿司屋やうなぎ屋などに行くと、「松4000円」「竹2500円」「梅1500円」のように、「松・竹・梅」に分かれたメニューを目にすることがあります。料理や金額にもよりますが、その場合、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    2000円と1980円 売上が大きいのはどっち?

    小売店や飲食店に行くと、980円、1980円、2980円といった、端数が80で終わる値付けが多いことに気づきます。1000円未満の商品も、298円、398円など、キリのよい数字から…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    小売業にビジネスチャンス リテールメディアでB2Bへ!

    広告ビジネスを取り巻く環境は大きく変化しています。特にプライバシー保護の観点から、Cookieを活用したターゲティング広告は終わりを迎えつつあります。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    小売各社は消費者の「生活防衛」にどう対処するのか?需要が高まるPBの取り組みと価格政策

    街中でマスクを着用する人が少数派となり、2020年以前の日常を取り戻しつつあります。活発な人の移動により売上を稼ぐコンビニも、2023年の盛夏は客数、客単価とも好調を維持しているようです。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    EC業者に敗北せず、小売業者が生き残るための戦略「フィジタル」

    米国では、2023年4~5月で、大手小売りチェーン2社が大規模な店舗閉鎖を発表しましました。破産も相次ぎ、1,500店舗運営していた雑貨のチェーンは今年4月に全店舗の閉鎖に追い込まれました。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    コンビニ、GMS、コロナ禍での低迷から回復が顕著に値上げで底上げのSM、節約志向、簡便志向への対応強める

    2023年5月8日にコロナ感染症が5類に変更され、人々の行動が活発化、チェーンストアの売上にも大きく影響してきています。 2023年5月度の既存店ベースでの売上前年比をみると、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    モバイルセルフスキャンが世界中で拡大中

    顧客が自らのスマートフォン、または小売業者が提供するデバイスで、商品のバーコードを読み取ってショッピングカートに入れ、セルフレジで決済する小売店は、世界中で増加しています。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    米国の食品ECで満足度が最も高いのはスーパー

    米国の調査会社がオンライン買い物客の様々な年齢の1,000人を調査すると、消費者の食品のネット通販の満足度が最も高いのは、スーパーマーケットであり、EC大手や量販店のサイトを上回っていることが分かりました。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    ドライバー不足が深刻化する中、「物流の2024年問題」

    多くの加工食品物流は、物流事業者が午後に出荷指図を受けて、翌日午前中に納品する仕組みが一般的です。市場経由の青果物は、遠隔地のものであっても、小売の販売日は集荷日から3日以内が求められています。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    トラックドライバー不足がサプライチェーン改革の突破口に3分の1ルールから2分の1ルールへ

    少子高齢化に向かっている日本にあって、いち早く高齢化・人口減に見舞われている地方では、「商品が来ない」という物流問題がコロナ禍以前より起こっていて、…

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    生活防衛の時流に乗れるか?低価格コンビニの実態と可能性

    2022年から2023年にかけての消費者を直撃した値上げラッシュ。実質賃金の低下が続く中、チェーンストアは対応を迫られてきました。コンビニ各社は、価格分類でいう「松竹梅」のうち「梅」商品を拡大。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    コンビニが冷食を拡大する理由

    毎日のように利用するコンビニ。利用頻度が高いからこそ、10年、20年の大きな変化に気づくのは難しいものです。例えば、その一つが「冷凍食品」です。大手コンビニは、平台のアイスケースに、数十アイテムの冷食を拡充させています。

    続きを見る

  • のイメージ

    流通トピックス

    コロナ禍を経て急速に進むデジタル化
    急激なコストアップで急増する
    セルフレジ導入

    コロナ禍を経て非接触の生活スタイルが定着しつつある中、スーパーマーケット業界のデジタル化対応は、オペレーション面だけでなくマーケティング上からも避けて通れなくなってきています。

    続きを見る

  • 今日から取り組むSDGsのイメージ

    流通お店づくりトピックス

    今日から取り組むSDGs

    持続可能な世界を目指す「SDGs」の取り組みがビジネス界にも広がっています。本特集ではSDGsの基礎知識や企業での実践方法を取り上げ、社会に貢献しながらお客様の支持を得るためのポイントを解説します。

    続きを見る

  • お客様の心をつかむSNS販促(前編)のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    お客様の心をつかむSNS販促(前編)

    LINEやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用が定着し、販促面での活用も増えてきました。お客様と直接メッセージをやりとりする、リアルタイムな情報発信など、…

    続きを見る

  • お客様の心をつかむSNS販促(後編)のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    お客様の心をつかむSNS販促(後編)

    前編ではSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の基本的な活用法を紹介しました。今回はさらに一歩進んで、反響を得るためのコツや、アンケート機能やハッシュタグを使った投稿、…

    続きを見る

  • ずっと働きたくなるお店のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    ずっと働きたくなるお店

    人手不足が続く中、採用したスタッフに長期間働いてもらうことが重要になっています。従業員満足度を高めるには、楽しく仕事に取り組める職場であることが欠かせません。

    続きを見る

  • シニアに選ばれる店舗と接客のイメージ

    流通お店づくりトピックス

    シニアに選ばれる店舗と接客

    現在、65歳以上のシニア(高齢者)は全人口の28.1%を占めています(2018年総務省統計局)。2025年には30%に達すると予想されており、来店客に占めるシニアの割合は今後ますます高まっていきます…

    続きを見る

  • ダイバーシティー発想が生む活力ある店づくりのイメージ

    流通お店づくりトピックス

    ダイバーシティー発想が生む
    活力ある店づくり

    有効求人倍率が1.6倍に達し、人材難が続くいま、シニア、外国人、主婦(夫)など潜在的な働き手を積極的に雇用する「ダイバーシティー(多様性)」採用を促す動きが活発化しています。

    続きを見る

  • aaa

    流通お店づくりトピックス

    小さくても強い!
    「引き算」で個性を打ち出す店づくり

    人気商品や人気ブランドは「引き算」で成功したケースが数多くあります。取り扱う商品やサービスを増やすのではなく、減らすという「引き算」の発想を売場やメニューに取り入れることで、お客様に選ばれる「シンプル・イズ・パワフル」な店づくりをご紹介します。

    続きを見る

  • aaa

    流通お店づくりトピックス

    これからの消費のカギを握る
    実践「Z世代マーケティング」

    これから消費の中心を担うとされるZ世代(一般的に1990年代半ばから2000年代初頭生まれを指す)。彼らはどんな価値観をもち、どんな消費行動を好むのか。Z世代の素顔を探り、若いお客様を呼び込む実践的な「Z世代マーケティング」をお伝えします。

    続きを見る

  • aaa

    流通お店づくりトピックス

    人間関係をスムーズにする
    職場で役立つ「言いかえ」の極意

    仕事のやりがいや充実感に大きな影響を及ぼすのが「職場の人間関係」です。同じことを伝えるにも、言葉一つで相手が受ける印象は大きく変わります。職場やお客様の前で発しがちな「よけいなひと言」を「好かれるセリフ」に言いかえ、コミュニケーションをよりスムーズにするための秘訣を紹介します。

    続きを見る

  • aaa

    流通お店づくりトピックス

    誰でも簡単にできる
    お客様の心をつかむ接客術

    コロナ禍を経て、ネット通販や宅配サービスの利用が増え、お客様が実店舗を訪れる機会や求められる応対に変化が起きています。店舗にわざわざ足を運んでもらうためには、「接客」の質があらためて重要になります。本特集では、現場スタッフの誰もがすぐに実践できて効果も大きい「お客様の心をつかむ接客術」を紹介します。

    続きを見る

  • aaa

    流通お店づくりトピックス

    元気のいい商店街に学ぶ
    店づくり・販売促進のヒント

    和田商店街(東京都杉並区)は、地域の人々との様々な交流を通して、子育て世代が集う商店街へと再生しました。具体的にどのような取り組みが奏功したのでしょうか。同商店街の成功事例をもとに、これからの店づくりや販売促進に役立つヒントを紹介します。

    続きを見る