コーポレート・ガバナンス

継続的な企業価値の向上をめざして

当社は、コーポレート・ガバナンスについては、ステークホルダーの期待に応え、継続的に企業価値を高めて行くための重要な経営政策と認識し、経営の効率性及び透明性の向上、取締役会および監査役(会)の機能の強化等を図るため、各種の施策に取り組んでおります。

当社は、監査役制度の下で執行役員制度を導入し、「監督・意思決定に係る機能」と「業務執行に係る機能」の分離等を図るとともに、取締役の員数の適正化を図り、意思決定の迅速性・機動性の向上に努めております。併せて、経営の透明性の確保を企図して、独立社外取締役(2名)および独立社外監査役(2名)を登用するとともに、経営責任の明確化及び経営環境の変化への迅速な対応を企図して、取締役の任期を1年としております。

コーポレート・ガバナンスの体制

コーポレート・ガバナンスの体制図

コーポレートガバナンス報告書

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
ダウンロードしてご覧下さい。(別ウィンドウで開きます)