トップメッセージ

経営理念「私たちの約束」を基盤として、社会に貢献しステークホルダーの期待に応える企業をめざします。 東芝テック株式会社 代表取締役社長 池田隆之

経営理念

東芝テックグループの経営の根幹は、新しい価値創造(モノ創り)への信念と気概、および常にお客様を第一に考え、お客様に喜ばれ、信頼される商品を提供することを掲げた経営理念「私たちの約束」です。経営理念「私たちの約束」は、全世界の東芝テックグループ役員・従業員が持つべき共通価値観であり、当社グループが事業活動を推進していく上での基盤となっています。あわせて、その経営理念を具体化し、持続可能な社会の形成に貢献する企業であるための行動指針として定めた「東芝テックグループ行動基準」を、役員・従業員の一人ひとりが遵守し、公正、誠実で透明性の高い事業活動を行っています。

東芝テックグループにとってのCSR経営とは、経営理念・行動基準の実践そのものであり、経営理念・行動基準を実践することにより、ステークホルダーの皆様と相互の繁栄を図り、東芝テックグループとして持続的に成長・発展していくことが、社会に貢献していくことにつながると考えています。

生命・安全、コンプライアンスを最優先

CSR経営において最優先されるのが「生命・安全、コンプライアンス」です。東芝テックグループでは、「東芝テックグループ行動基準」に則り、生命・安全、コンプライアンスを最優先するという基本方針のもと、環境、人権、地域社会との調和等を重視した企業として、健全で質の高い経営の実現をめざしています。

環境経営の推進

より良い地球環境の実現のため率先して企業としての役割を果たしていきます。すべての事業プロセス、すべての商品において、持続可能な社会構築のため、地球資源の保全・保護を最優先に環境プランを進めていきます。世界中で環境と調和した商品を提供し、開発・製造・販売という事業活動のあらゆる面で環境負荷を低減していきます。

多様性の尊重

グローバルに事業を展開する中で、世界それぞれの国々・地域の文化や歴史、習慣の違いを認識し尊重することはもちろんのこと、日々変化する社会の価値観を汲み取りながら、グローバル企業として活動しています。また、民族・性別・年齢など一人ひとり異なるパーソナリティがお互いに啓蒙しあうことにより生まれる新しい発想を大切にし、多様性を尊重した人財活用を行うとともに、個々人の働き方のワークスタイル・イノベーションにも注力します。

ステークホルダーとの関係

お客様、株主・投資家、従業員、地域社会、取引先などのステークホルダーの皆様との信頼関係に基づいた事業活動を行っていくことが重要だと考えています。当社グループが過去の歴史の中で幾多の危機や困難を乗り越えて、今日まで存続できたのも、ステークホルダーの皆様が支えてくださったからに他なりません。今後もさまざまなコミュニケーションの機会を通じてステークホルダーの皆様の声を聴き、期待をしっかりと捉えて事業を推進してまいります。

最後に

東芝テックグループは、「グローバル・ワンストップ・ソリューション企業」をめざし、「グローバルリテール事業の成長」、「ソリューション・サービス事業拡大」および「原価低減加速、生産性向上による安定収益体制の構築」の実現に向けてさまざまな施策を実行していきます。また、ステークホルダーの皆様の要望・期待に応える企業として、当社グループの商品、サービスでお客様の課題の解決に貢献しつづけ、持続的に成長することをめざしていきます。

今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。