東芝テックのCSR経営

東芝テックグループは、CSRを経営の中核に位置づけて、事業活動を推進しています。「生命・安全、コンプライアンスを最優先」に「事業を通じて、グローバルな社会の課題解決に貢献」していくことで、持続可能な社会の発展に貢献していきます。活動にあたっては、お客様、株主・投資家、取引先、地域社会、従業員など、世界中の数多くのステークホルダーに支えられていることを認識し、グループ従業員が経営理念である「私たちの約束」と、「東芝テックグループ行動基準」に基づきCSR活動を実践するよう取り組んでいます。

ステークホルダーとのかかわり

経営理念「私たちの約束」を守ることにより、ステークホルダーとともに発展することをめざしています。

ステークホルダーとのかかわり

CSR推進体制

東芝テックグループは、2004年からCSRを推進する組織「CSR推進センター」を設置し、推進体制を整備しています。CSRを企業風土として定着させるため、法令・企業倫理を遵守する「コンプライアンス」を前提として、人事、環境、調達などCSR関連部門と連携をとり活動を進めています。また、国内外のグループ会社にCSR推進責任者を選任し活動しています。

私たちの約束 ─東芝テックグループの経営理念─

モノ創りへのこだわりと挑戦いつでもどこでもお客様とともに

  1. 私たちは、お客様にとっての価値創造を原点に発想し、世界のベストパートナーと共に、優れた独自技術により、確かな品質・性能と高い利便性をもつ商品・サービスをタイムリーに提供します。
  2. 私たちは、社員一人ひとりを尊重し、それぞれの能力向上に努め、公正かつ適切な評価・処遇を実践すると共に、自由闊達で健全な組織風土と、挑戦し続ける強いプロ集団をつくります。
  3. 私たちは、よき企業市民として、高い倫理観と遵法の精神をもち、各国及び地域社会に対する責任を果たすと共に、その文化・歴史を尊重し、地球社会の発展に貢献します。
  4. 私たちは、人々の安全・健康と、地球資源の保全・保護のために、すべての事業活動において環境への配慮を優先します。
  5. 私たちは、企業価値の最大化を目指し、健全で透明な経営の基に、研究開発などへの積極的な投資、不断の経営変革、並びに、適切な利益の確保と蓄積に努め、これにより株主の期待に応えます。

東芝テックグループの行動基準

東芝テックグループ全員が共有する価値観と行動規範を明確化した「東芝テックグループ行動基準」を定めています。国内外のグループ全従業員を対象に、eラーニング教育の実施や冊子の配布を行い、周知・徹底を行っています。
*1990年制定、2014年改定

  1. 人権の尊重
  2. お客様の尊重
  3. 調達活動
  4. 生産・技術活動および品質活動
  5. 営業活動
  6. 独占禁止法・官公庁取引規制等の遵守
  7. 贈賄の禁止
  8. 環境活動
  9. 輸出管理
  10. 反社会的勢力の排除
  11. 技術者倫理の遵守
  12. 知的財産権の尊重
  13. 適正な会計
  14. 広報活動
  15. 広告活動
  16. 職場環境の整備
  17. 情報セキュリティ
  18. 会社財産の保全・利益相反行為の禁止
  19. 社会とのかかわり