環境ビジョン2050

SDG06 SDG07 SDG09 SDG11 SDG12 SDG13 SDG14 SDG15 SDG17

東芝テックグループは東芝グループの一員として「地球と調和した人類の豊かな生活」を2050年のあるべき姿として描き、これに向けた企業のビジョンとして環境ビジョン2050を設定しています。「つくる、つかう、いかす・かえす」という製品のライフサイクルを通じて、社会の安心・安全と、まだ見ぬ感動や驚きを与える豊かな価値を創造すると同時に、環境影響低減のために「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの課題に取り組むことで、地球との共生を図っていきます。

「環境ビジョン2050」のもと「3つのGとS」を推進

東芝テックグループは「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活を実現していくために、東芝グループ「環境ビジョン2050」に基づき活動を進めています。
以下の3つのGreenとSustainabilityをコンセプトに、地球温暖化の防止、資源の有効活用、化学物質の管理の観点からすべての製品と事業活動において環境負荷低減に注力し、低炭素社会、循環型社会および自然共生社会の実現に貢献していきます。

※東芝グループ「環境ビジョン2050」はこちら

事業経営と環境経営の一体化