環境アクションプラン

SDG06 SDG07 SDG09 SDG11 SDG12 SDG13 SDG14 SDG15 SDG17

第6次環境アクションプラン

東芝テックグループは、SDGsやESG投資などの世の中の動向と東芝グループ方針に基づき、従来から取り組んでいる「Green of Product」「Green of Process」に「Green Management」「Sustainability」の活動領域を加えた4つの領域ごとに、2020年度までの活動目標を設定した第6次環境アクションプランの活動を2017年度から開始しました。2017年度については、定量目標はすべて達成し、定性目標についても順調に推移しました。引き続き2020年度目標達成に向けて活動を継続していきます。

2017年度 目標と実績

指標 2017年度
目標 実績
Green Management
環境経営 環境リスクコンプライアンス/環境人財育成 環境監査員の育成・増強により国内外拠点における体制の強化 環境監査員3名を育成
外部コミュニケーション
(グローバル環境アクションの展開)
各年次で推奨活動テーマを設定しグローバル環境アクション活動の範囲を拡大 推奨テーマを中心に活動を展開
生物多様性 生物多様性の保全 愛知目標の内の10 項目に対し全製造拠点で活動を拡大 全拠点で6目標の活動を実施
Green of Product
総合 エクセレントECP 創出 当該年度のエクセレントECP 取得目標機種に対する達成度(100%) 100%
地球温暖化防止 製品のCO2 排出抑制量(万t)*1 14.7 17.2
資源有効活用 製品の省資源化量(万t)*2 2.20 2.39
製品の循環資源(再生プラスチック)量(t)*3 562 589
化学物質管理 特定化学物質の削減 特定フタル酸エステルの削減取り組みにより、EU域向け製品は規制開始までに対応完了、EU域外向け製品は新製品から順次対応実施 一部の新製品で対応完了
Green of Process
地球温暖化防止 GHG 総排出量(万t - CO2)*4 6.85 6.36
エネルギー起源CO2 総排出量原単位(t-CO2/億円)(2013 年度基準比)*4 47.29(77%) 44.6(72%)
資源有効活用 廃棄物量(t)*5 1,480 1,239
廃棄物総発生量原単位( t/億円)(2013 度基準比) 2.97(84%) 2.48(70%)
水受入量原単位(千m3/億円)(2013 度基準比) 0.52(77%) 0.45(67%)
化学物質管理 化学物質総排出量原単位(kg/億円)(2013 度基準比) 39.5(70%) 30.9(54%)
Sustainability
持続可能な社会の構築 事業活動及び地域・社会との協調連帯による低炭素社会、循環型社会及び自然共生社会の実現に貢献 Only One 商品・ソリューションの継続創出と社会、顧客への環境貢献の訴求及び各地域・社会のニーズに見合った顕著な活動と環境貢献の訴求 スマレシ、Loops、電子タグ(RFID)活用システムを訴求
  1. ※1.代替想定製品のCO2 排出量-出荷製品のCO2 排出量(使用段階の1年分の排出量を比較し、製品寿命の半分を累計)
  2. ※2.代替想定製品の製品質量-出荷製品の製品質量
  3. ※3.再生プラスチック量÷製品プラスチック使用量×100
  4. ※4.日本国内の電力係数は受電端を採用し、2013年度は、5.67t-CO2/万kWh、2017年度以降は5.31t-CO2/万kWh を採用。海外の電力係数は、WRI/WBCSD GHG プロトコルの2009年度受電端値を採用。
  5. ※5.廃棄物量= 廃棄物総発生量− 売却した廃棄物量

2018年度~2020年度 目標

指標 2018年度 2019年度 2020年度
目標
Green Management
環境経営 環境リスクコンプライアンス/環境人財育成 環境監査員の育成・増強により国内外拠点におけるコンプラアンス体制の強化
外部コミュニケーション
(グローバル環境アクションの展開)
各年次で推奨活動テーマを設定しグローバル環境アクション活動の範囲を拡大
生物多様性 生物多様性の保全 愛知目標の内の10 項目に対し全製造拠点で活動を拡大
Green of Product
総合 エクセレントECP 創出 当該年度のエクセレントECP 取得目標機種に対する達成度(100%)
地球温暖化防止 製品のCO2 排出抑制量(万t)*1 14.7 15.5 15.7
資源有効活用 製品の省資源化量(万t)*2 2.34 2.47 2.42
製品の循環資源(再生プラスチック)量(t)*3 577 602 623
化学物質管理 特定化学物質の削減 特定フタル酸エステルの削減取り組みにより、EU域向け製品は規制開始までに対応完了、EU域外向け製品は新製品から順次対応実施
Green of Process
地球温暖化防止 GHG 総排出量(万t - CO2)*4 6.37 6.40 6.53
エネルギー起源CO2 総排出量原単位(t-CO2/億円)(2013 年度基準比)*4 57.35(93%) 56.66(92%) 55.94(91%)
資源有効活用 廃棄物量(t)*5 1,267 1,268 1,276
廃棄物総発生量原単位( t/億円)(2013 度基準比) 3.17(90%) 3.11(88%) 3.05(86%)
水受入量原単位(千m3/億円)(2013 度基準比) 0.64(94%) 0.63(92%) 0.60(89%)
化学物質管理 化学物質総排出量原単位(kg/億円)(2013 度基準比) 45.8(81%) 45.5(80%) 44.9(79%)
Sustainability
持続可能な社会の構築 事業活動及び地域・社会との協調連帯による低炭素社会、循環型社会及び自然共生社会の実現に貢献 Only One 商品・ソリューションの継続創出と社会、顧客への環境貢献の訴求及び各地域・社会のニーズに見合った顕著な活動と環境貢献の訴求
  1. ※1.代替想定製品のCO2 排出量-出荷製品のCO2 排出量(使用段階の1年分の排出量を比較し、製品寿命の半分を累計)
  2. ※2.代替想定製品の製品質量-出荷製品の製品質量
  3. ※3.再生プラスチック量÷製品プラスチック使用量×100
  4. ※4.日本国内の電力係数は受電端を採用し、2013年度は、5.67t-CO2/万kWh、2017年度以降は5.31t-CO2/万kWh を採用。海外の電力係数は、WRI/WBCSD GHG プロトコルの2009年度受電端値を採用。
  5. ※5.廃棄物量= 廃棄物総発生量− 売却した廃棄物量