Green of Product

「エクセレントECP」の開発

東芝テックグループでは、 開発するすべての商品で「環境性能No.1」を追求し、ライフサイクルを通した環境負荷低減をめざす活動である「Green of Product」の取り組みを進めています。

まず、事業戦略から商品企画の段階で、技術動向・他社動向を想定し、製品をリリースする時点で環境性能がNo.1となる目標を設定し、製品開発を進めます。

次に開発・設計段階では、製品環境アセスメントにより法令遵守事項を確認するとともに、製品ライフサイクルの各段階においてECP※1の3要素※2を考慮したECP基準を満たすことを確認します。

製品承認段階では「ecoターゲット」の達成状況やECP基準の適合を確認し、環境性能No.1を達成している商品は「エクセレントECP」として認定しています。

Green of Product 創出の基本方針

Green of Productの活動体系
  1. ※1.ECP(Environmentally Conscious Products : 環境調和型商品)とは、材料調達・製造・流通・使用・廃棄・リサイクルといった製品ライフサイクルのすべての段階で、環境に配慮された製品のことを指します。
  2. ※2.ECPの3要素の概要

地球温暖化の防止

  • 消費電力の削減
  • 待機電力の削減
  • 消費電力の見える化
  • 省エネモード
  • 出荷時モード
など

資源の有効活用

  • 原材料削減
  • 再生材の利用
  • 易分解性
  • 梱包材削減
  • 消耗品の削減
  • アップグレード、長寿命化
など

化学物質の管理

  • 特定有害物質削減
  • グリーン調達
  • 化学物質の情報伝達
  • 各国規制物質対応
など

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
ダウンロードしてご覧下さい。(別ウィンドウで開きます)