Green of Process

Green of Processとは、モノづくりの環境配慮を示しています。東芝テックグループは、「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」という3つの視点で、工場インフラ/生産プロセスの効率化を通じた、環境負荷の低減を推進しています。

地球温暖化については、2011年3月に発生した東日本大震災により、国内の電力CO2排出係数が大幅に悪化し、電力起因のCO2排出量が大半を占める東芝テックグループにとって大きな影響となっています。東芝テックグループでは、今後予想される電力料金高騰への対応も視野に省エネ施策を進め、増加する排出量を最大限に抑制していきます。2013年度海外ではグループに占める割合が高い中国の工場で省エネ診断を実施しその改善策を通じて、CO2排出量を削減していく計画です。資源有効活用については、廃棄物の総発生量や最終処分量の削減に今後も工夫しながら継続的に取り組む他、積極的かつ質の高いリサイクル推進に努めます。化学物質の管理については、使用物質の代替化やプロセス改善などにより、削減対象物質の廃止を推し進めていきます。

環境負荷低減の取り組み

環境負荷低減の取り組み